2010年01月25日

鳩山政権の政治主導は「疑問」 古川元官房副長官(産経新聞)

 村山内閣から小泉内閣で事務の官房副長官を務めた古川貞二郎氏が22日、自民党本部で開かれた党の会合に出席し、鳩山政権が掲げる政治主導に「疑問がある」と批判した。具体的には(1)政治主導と政治家主導の混同がある(2)公務員を排除する傾向がある(3)行政・統治システムの大幅な変更が拙速すぎる−と指摘。「変更する場合の手順を十分踏むべきなのに、非常に独善的な感じがする」とも述べた。

【関連記事】
「日米関係にひび入り始めた」 鳩山外交で北の機関紙
首相、勘違い? 朝三暮四と朝令暮改を混同
「G7で人民元を議題に」菅財務相が火消し 全面否定で中国に配慮 
傷口広げた政治判断の遅れ…日航経営破綻
小沢氏が民主党に「破滅」もたらす 英紙論評

<窃盗>ヴィトン、900万円相当盗まれる 大阪で早朝(毎日新聞)
またボンバル機が引き返し 警告灯の表示に不具合(産経新聞)
総選挙、公正に実施=ミャンマー外相(時事通信)
淡路島でスイセン見ごろ(産経新聞)
春、駆け足で 国公立大、2次試験の願書受け付け開始(河北新報)
posted by フカガワ カズユキ at 21:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駐車場で巻き込み→蛇行し塀に衝突→女性死亡(読売新聞)

 18日午後4時30分頃、大阪府大阪狭山市狭山のコンビニエンスストア駐車場で、自称公共職業安定所非常勤職員・清水辰彦容疑者(58)(大阪府富田林市)運転の乗用車がバックした際、70〜90歳の女性をはねた。

 車は女性を下部に巻き込んだまま約30メートル前進、その後も路上を蛇行運転するなどして西向かいの民家の塀に突っ込んで止まった。

 黒山署は清水容疑者を自動車運転過失致傷容疑で現行犯逮捕。女性は間もなく死亡し、同署は容疑を同致死に切り替えて調べる。清水容疑者は酒を飲んでいたという。

北への制裁解除「認められない」 日韓外相一致(産経新聞)
パロマCO中毒判決は5月11日 元社長ら改めて無罪主張し結審(産経新聞)
高級ホテルもペットOK 「家族化」進み客層拡大(産経新聞)
市長選に関係なく現行案反対=社民幹事長(時事通信)
代替不可能な遺伝子にも代役=iPS細胞作製法、マウスで成功−シンガポール(時事通信)
posted by フカガワ カズユキ at 12:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

政教分離訴訟 原告笑顔で会見 「地域の施設」困惑も(毎日新聞)

 「憲法の精神を守った」。20日、北海道砂川市の市有地の神社を巡る2件の政教分離訴訟のうち最高裁が1件で違憲判断を示したことを受け、元中学教諭でクリスチャンの原告、谷内栄さん(79)は笑顔を見せた。「1件は負け、もう1件も差し戻されたのは意外だが『憲法的には勝った』という気持ち。闘いは続くがこの判決が土台になる」と語った。

 午後3時半過ぎ、最高裁前。谷内さんらは「最高裁は憲法を守った!」「富平(とみひら)不当判決」の二つの幕を支援者に掲げた。その後、弁護団が東京・永田町で記者会見し、空知太(そらちぶと)神社訴訟の違憲判決について「明確に違憲と宣言し歴史的な意義がある。国家と宗教の分離という理想への一歩」「全国に多数ある同じ事例に見直しを迫るメッセージになる」と口々に評価した。

 ただ高裁に差し戻しとなった点には「市に『待ってあげるので何とかしなさい』と言っているようだ」。富平神社訴訟の敗訴については「(土地を町内会に無償譲渡して)違憲状態から戻したのだから水に流そう、という判断で中途半端」と批判した。

 谷内さんが政教分離にこだわる理由は戦中の体験にある。「皇国少年だった」という谷内さんは天照大神の札に毎日手を合わせた。15歳で海軍航空隊のパイロットに志願し合格したが、入隊直前に終戦を迎えた。玉音放送を聞きながら「神の国の世を再建する」と泣いて誓った。翌年キリスト教に出会い、戦中の世の中の異常さに気付いた。

 空知太神社の問題を知ったのは91年。通勤時に見かけた神社の土地の所有者を市職員に尋ねると「市の土地です」。「政教分離は二度と神社が国と一体になってはならない戒めのためにある。行政はその意識をしっかり持つべきだ」と04年3月、提訴した。

 約6年でつかんだ最高裁の違憲判断。谷内さんは「『こういう社会を作ってきた』と子供や孫に伝えたいという気持ちが私を支えている」と強調。「満足と残念、どちらが強いか」と問われると「捨てたもんじゃない。希望がある」と笑顔を見せた。【銭場裕司、安高晋】

 ◇「円満解決図りたい」砂川市長

 最高裁大法廷の違憲判断について、1審の札幌地裁で砂川市側の証人として出廷した空知太神社の氏子総代、佐藤勉さん(83)は「神社だけは残してほしいと期待している。(撤去されれば)苦労してこの地を開き、五穀豊穣(ほうじょう)と無病息災を祈願してきた先人に申し訳ない」と話した。

 神社には宮司がおらず、佐藤さんら世話人15人が運営。これとは別に、神社が納められている町内会館「空知太会館」の運営は町内会と老人クラブ、神社役員会でつくる運営委員会が行っている。初詣でと4、9月の例大祭で会館を使用している神社側は年間6万円の使用料を運営委に支払っているという。佐藤さんは「今も初詣でに200〜300人余りの参拝者がある」と述べ、地域に根付いていることを強調した。また、町内会の会長(73)は「神社の運営に一切タッチしておらず、お話しすることは何もない」と述べた。

 一方、砂川市の菊谷勝利市長は20日、市役所で会見し、「違憲状態と判断されたのなら、それを取り除くのが私の責任。弁護士と相談し、運営委の皆さんと話し合い、早期に円満解決を図りたい」と話した。その方法として「(神社の)撤去が一番いいが、賃貸や(土地の)売却も考えられる」と説明。さらに、同じく市有地に建っている一の沢神社と吉野水天宮の2施設についても、解決策を図る意向を示した。

 空知太神社は1892(明治25)年、現在地近くの場所に建てられたほこらが始まり。11年後、現在地に移され、1970年、町内会館の建設に伴って会館内に納められた。菊谷市長は、神社が移転した時は民有地だったが、その後、民有地が市に寄贈された経緯を説明し、「特定の宗教団体に恩恵を与えたとは考えていない」と話した。【西端栄一郎】

【関連ニュース】
政教分離:「神社に市有地提供」20日に最高裁大法廷判決
北海道・砂川の神社住民訴訟:「神社に市有地」違憲か 政教分離、あす大法廷判決
質問なるほドリ:首相の伊勢神宮参拝って、決まりごとなの?=回答・山田夢留
裁判:小林衆院議員派選挙違反、2月中に結審 「砂川訴訟」20日に判決 /北海道

「しっかり説明を」=小沢氏に−前原国交相(時事通信)
中学の学力試験で教諭が不適切行為 足立区(産経新聞)
殺人否認の被告、3月に公判=裁判員裁判で初−静岡地裁(時事通信)
<盗撮>郵便局長を逮捕 電車でスカート内撮影の疑い(毎日新聞)
東京・大手町 ドミノ方式で目指す国際化(産経新聞)
posted by フカガワ カズユキ at 08:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。