2010年05月21日

介護職員の医療行為、特養以外にも拡大へ−長妻厚労相が法改正検討(医療介護CBニュース)

 長妻昭厚生労働相は5月15日、口腔内のたんの吸引などの医療行為について、グループホームなどの介護職員にも認める方向で法改正を検討する考えを明らかにした。厚労省内で同日開かれた意見交換会「みんなの介護保険!」後の記者会見で述べた。

 15日の会見の席上、長妻厚労省は、医療行為を行える場について、特養以外にも拡大する方針を示した上で、「(関連法案を)来年の国会に出すとしたら、秋ぐらいまでに(具体的な内容を)詰めたい」と述べた。

■介護職員処遇改善交付金は「当面は介護職員に限定」

 長妻厚労相は、介護職員の処遇改善に取り組む事業者に対し、職員1人当たり月額平均1.5万円を交付する介護職員処遇改善交付金について、「当面は今の対象でやっていくことにならざるを得ない」と述べた。

 昨年導入された介護職員処遇改善交付金は、交付の対象が介護職員だけに限定されている。一方、現場からは、ケアマネジャーや栄養士など、介護に関連したあらゆる職種に対し、交付対象を拡大すべきだとの意見が上がっている。


【関連記事】
介護職員のたん吸引など実施へ法案提出―来年の通常国会に
特養の介護職員の医療行為「許容」で通知―厚労省
介護人材の養成の在り方で議論―厚労省検討会が初会合
特養の介護職員による吸引や経管栄養、一定条件で可能に
介護が政治に望むこと(2)「現場の裁量権拡大を」−全老健・川合秀治会長

<名古屋市議会>全職員対象の賞与削減案可決 政令市で初(毎日新聞)
<鉄道ファンの音>車掌の肉声や「鉄オタ クラシック」 相次いで発売(毎日新聞)
14日に和解協議入り=札幌地裁の勧告受け入れ−交渉は難航も・B型肝炎訴訟(時事通信)
白樺ガス田 出資5割超、中国に 政府方針 先行開発を配慮(産経新聞)
「望まれる在宅看取りの条件」、ケアマネらが勉強会(医療介護CBニュース)
posted by フカガワ カズユキ at 21:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。