2010年06月18日

介護予防事業の見直しを検討―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は6月15日、地域包括支援センター全国担当者会議を開き、介護予防事業の普及が進んでいないとして、健診による特定高齢者調査など同事業の見直しを検討する方針を明らかにした。

 具体的な見直し項目として厚労省老健局老人保健課の小林秀幸課長補佐は、▽健診に代えて高齢者ニーズ調査の実施▽特定高齢者の予防ケアプランについて、作成業務を特に支援が必要な場合にのみとするなどの簡素化を図る▽要支援者の予防ケアプランについて、委託可能件数の拡大、要介護・要支援の様式統一などを図る▽特定高齢者の名称を変更▽転倒防止、腰痛、膝痛などの高齢者のニーズの高いプログラムを実施―などを挙げた。

 厚労省では、「高齢者ニーズ調査の実施」に関して、健診による特定高齢者の把握が実態に即していない点や介護予防事業予算176億円の約50%を占めている点を問題視。小林課長補佐は、予算配分のバランスを修正する観点も含め、「認知症、うつ病、閉じこもりなどの(要介護になり得る)真のハイリスク者も一体的・確実に把握できる高齢者ニーズ調査を、健診に代えて行うことを検討している」と述べた。


【関連記事】
介護予防事業「聞いたことがない」6割近く
介護予防チェックリスト、実施率は約3割―厚労省調査
要介護認定非該当者を特定高齢者の候補者に―厚労省
介護予防マニュアルを改訂−厚労省
25年の地域介護のビジョンを説明―田中慶大教授

<雑記帳>人間向け「鹿せんべいアイス」が人気…奈良(毎日新聞)
亀井氏は抗議の辞任=社民党首(時事通信)
“紅茶市場”新たなファン獲得 多様な風味&健康的 合う料理も提案(産経新聞)
緑内障・高眼圧症治療剤、2剤同時に新発売(医療介護CBニュース)
武藤敬司さん交通事故=プロレスラー、接触男性軽傷―東京(時事通信)
posted by フカガワ カズユキ at 22:26| Comment(20) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

金融庁、振興銀を刑事告発へ…検査忌避の疑い(読売新聞)

 金融庁は10日、中小企業向け融資を専門に手がける日本振興銀行を、検査を妨害した銀行法違反(検査忌避)の疑いで11日にも刑事告発する方向で最終調整に入った。

 金融庁は5月27日、重大な法令違反が見つかったとして、振興銀に対し、大口融資や債権の買い取りなど一部の業務を6月7日〜9月30日の約4か月停止する命令を出した。その際、金融庁は、昨年6月からの立ち入り検査で、振興銀が検査資料となる電子メールを意図的に削除していたと指摘し、刑事告発を検討する意向を示していた。検討の結果、悪質な検査忌避にあたると判断した模様だ。

 金融庁が銀行を検査忌避で刑事告発するのは、2004年の旧UFJ銀行以来となる。

発車メロディーは「めだかの学校」 JR三鷹駅 開業80周年記念(産経新聞)
社民に懲りた?…外相「参院で単独過半数得たい」(読売新聞)
国民新党幹事長に下地氏 自見氏は副代表(産経新聞)
南アW杯 いざ初戦!日本サポーターも集結(毎日新聞)
<ひき逃げ容疑>76歳女性死亡、52歳男逮捕 千葉県警(毎日新聞)
posted by フカガワ カズユキ at 10:15| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

<ツイッター>「菅首相」なりすまし 利便性の裏に問題点も(毎日新聞)

 簡易ブログ「ツイッター」に「菅直人」と名乗るつぶやきが書き込まれ、民主党は5日「本人とはかかわりがない」と発表した。手軽さゆえに有名人になりすましたつぶやきが発信される危険性が指摘されているツイッター。これまでも鳩山由紀夫前首相ら複数の国会議員も名前をかたられた。議員は手軽に情報発信ができ、有権者も普段はあまり知ることのできない政治家の日常を垣間見られるツイッターだが、利便性の裏側に問題点も潜んでいる。【曽田拓、浅野翔太郎】

 「菅直人」を名乗る書き込みは複数登場し、このうち、首相の顔写真を使ったツイッターは、民主党代表就任直後の4日午後1時ごろ「これを機にTwitterを始めることにしました」とつぶやき、5日正午過ぎまでに1万人以上がフォロー(読者登録)した。

 閲覧者の指摘を受けた藤末健三参院議員(民主党)は、ツイッターで「菅さんの秘書さんに電話で確認しました。まだツイッターは始めておられません!」と指摘。三村和也衆院議員(同)は「偽物を防ぐ意味でも首相はすぐにでもご自身のツイッターを始めた方がいい」と話した。

 政治家のツイッターをまとめて掲載するサイト「ぽりったー」には5日現在、約90人の国会議員を含めて534人の現職議員や元議員らのツイッターが登録されている。個人で運営するフリープログラマー、入江太一さん(30)=埼玉県和光市=は「鳩山前首相が1月に始めて話題を呼んでから、一気にツイッターをする議員が増えた」と話し、今では1カ月で約50万件のアクセスがあるという。

 入江さんは「私自身も元々政治に明るい方ではなかったが、議員が日常の様子をつぶやくのを読み、共感や親近感を覚えるようになった」と話す。

 こういった効果に政治家も注目する。自民党はホームページで、参院選立候補予定者がツイッターを利用しているかどうかを一目で分かるようにした。

 一方、入江さんが頭を悩ますのがなりすましで議員のツイッターをサイトに登録する際には事務所に連絡するなどして本人確認を行っている。政治家もなりすまし被害を防ごうとしている。

 閣僚経験もある大物議員の事務所も4月にツイッターを始めた。入江さんが事務所に電話で確認したところ「本人は乗り気でないが、偽物が多いので(本物を)作っておかないと」と話したという。この議員のツイッターは最初に1度つぶやいた後、更新されていない。

 今夏の参院選を控え、神経をとがらせる陣営も。改選を迎える議員の秘書は「無関係な人が『○○に投票を』みたいなことを勝手につぶやいて、ウチがやらせてるんじゃないかといううわさになると困ってしまう」と不安げな表情で語った。

 ◇ことば ツイッター

 英語で「つぶやき」という意味。06年8月に米国で始まったインターネット上の無料サービス。ツイッターのホームページにアクセスし、利用者名やメールアドレスなどを登録すると、ネット上に自分のページができ、日々の気持ちや生活の様子を140字以内の短い文章で投稿できる。手軽さが魅力で、著名人の利用者も多い。「フォロー」という機能を使えば、特定の人物のつぶやきを自分専用のページに自動的に掲載できる。

【関連ニュース】
鳩山前首相:東工大で講演 「切れすぎる方が総理になる」
菅首相:90歳「師匠」楢崎弥之助さんがエール
菅首相:ツイッターなりすまし登場
菅首相:蓮舫氏の入閣内定 消費者相検討
菅首相:海外の反応 メディア好感

「ロバート」山本さん、首都高で追突事故(読売新聞)
JT所有地架空転売話、訴訟ドロ沼 誰がだました? 消えた23億(産経新聞)
<高校生死亡>暴行か 傷害容疑で少年逮捕 福岡(毎日新聞)
被害総額は21億円か 未公開株代金詐取容疑で7人再逮捕(産経新聞)
民間委託の介護関連施設調査、昨年度の実施状況を報告―厚労省(医療介護CBニュース)
posted by フカガワ カズユキ at 11:31| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。