2010年06月18日

介護予防事業の見直しを検討―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は6月15日、地域包括支援センター全国担当者会議を開き、介護予防事業の普及が進んでいないとして、健診による特定高齢者調査など同事業の見直しを検討する方針を明らかにした。

 具体的な見直し項目として厚労省老健局老人保健課の小林秀幸課長補佐は、▽健診に代えて高齢者ニーズ調査の実施▽特定高齢者の予防ケアプランについて、作成業務を特に支援が必要な場合にのみとするなどの簡素化を図る▽要支援者の予防ケアプランについて、委託可能件数の拡大、要介護・要支援の様式統一などを図る▽特定高齢者の名称を変更▽転倒防止、腰痛、膝痛などの高齢者のニーズの高いプログラムを実施―などを挙げた。

 厚労省では、「高齢者ニーズ調査の実施」に関して、健診による特定高齢者の把握が実態に即していない点や介護予防事業予算176億円の約50%を占めている点を問題視。小林課長補佐は、予算配分のバランスを修正する観点も含め、「認知症、うつ病、閉じこもりなどの(要介護になり得る)真のハイリスク者も一体的・確実に把握できる高齢者ニーズ調査を、健診に代えて行うことを検討している」と述べた。


【関連記事】
介護予防事業「聞いたことがない」6割近く
介護予防チェックリスト、実施率は約3割―厚労省調査
要介護認定非該当者を特定高齢者の候補者に―厚労省
介護予防マニュアルを改訂−厚労省
25年の地域介護のビジョンを説明―田中慶大教授

<雑記帳>人間向け「鹿せんべいアイス」が人気…奈良(毎日新聞)
亀井氏は抗議の辞任=社民党首(時事通信)
“紅茶市場”新たなファン獲得 多様な風味&健康的 合う料理も提案(産経新聞)
緑内障・高眼圧症治療剤、2剤同時に新発売(医療介護CBニュース)
武藤敬司さん交通事故=プロレスラー、接触男性軽傷―東京(時事通信)
posted by フカガワ カズユキ at 22:26| Comment(20) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。